マーシロンとは?

マーシロン

マーシロンとは避妊薬の中でも3.5世代と呼ばれるものであり超低用量ピルとして知られています。

その効果がマーベロンと似ているため比較の対象になりやすいですがこの二つの違いはホルモンの成分がマーシロンのほうが少ないためマーベロンと比べると体への負担が少ないことが特徴です。

マーシロンを服用する方法は4週間でホルモン剤を服用することで卵子の放出を防ぎ避妊をすることができるというものです。

毎日必ず同じ時間に服用することが低用量ピルでは大事なことであり効果が薄くなってしまいます。

避妊薬を行う中で副作用に注意することが必要です。

副作用は主に血液が固まりやすくなるということであり生活習慣病になっている人は注意が必要です。

ノルレボとは?

ノルレボ

ノルレボとはいわゆるモーニングアフターピルのことで、緊急避妊薬としてWHOも正式に認めているものです。

コンドームが正しく装着できていなかった、あるいは破損するなどによって避妊がうまくいかなかった場合に使うと良いです。

効果が出るのは服用してから二、三時間後だと言われています。

百パーセント避妊できるわけではないのですが、早ければ効果が高いですし、可能であれば性交渉から七十二時間以内に飲むようにしておきたいです。

副作用としては、頭痛や倦怠感があります。

それから消退出血などが報告されていて、これはノルレボを服用しているので生理は起きないのですが、内膜がはがれることによって起きる出血のことを指しています。

このページの先頭へ