コンドームの避妊失敗率

コンドーム

女性と男性とが妊娠を望まないときに行う性行為では、一般に男の性器にコンドームを装着したり、女性はピルなどを服用して妊娠してしまうことを防ごうとします。

しかし、男性が自らのペニスにしっかりとコンドームを装着していない場合は避妊に失敗してしまうことが多くみられます。

男女の性行為での時に、コンドームを一般的な装着方法で使用している場合、100%避妊が可能になるのではなく、1年間で18%の避妊失敗率があります。

そして、性行為の時に男性が自分のペニスに理想的にコンドームを装着しても2%が避妊に失敗しています。

一般の使い方と理想的に使う場合の相違点は、性行為の途中でコンドームを使用したり、何かの原因によって性行為の途中で破けてしまったり、女性の膣内に残ってしまったような使い方のことを指します。

理想的な使い方は、性行為の時は必ず使用し、破損していないかをしっかり確かめて使用することで、ここまでしても2%の女性が妊娠をしています。

コンドームはやっぱり必要

パートナーとの性行為をする場合に、避妊をする必要がある場合には、コンドームを使用しましょう。

基本的に避妊をするという意味でも、また、性病を予防するためにも、コンドームを使用することは有効な手段といえます。

性病などにかかってしまうと、症状にもよりますが、ある程度の期間、その症状に悩まされることにもなり、また、家族やその他の人たちにもウィルスをうつしてしまう可能性などもでてくるため、性病にかからないように注意することも必要です。

そのため、コンドームを使用することで、ある程度、性病の予防につながることになるため、自分のため、また、自分の身近にいる人々のためにもきちんと対処していくことが重要といえるでしょう。

また、性病にかからないためには、自身の免疫力を高めることも重要です。

そのため、生活習慣の改善、食生活の改善などをしていくことも、予防につながります。

自身の体のため、パートナーやそのほかの人たちのためにもコンドームを使用を心がけましょう。

このページの先頭へ