避妊薬は市販で買える?

避妊薬

風邪薬などは市販薬が用意されていますが、避妊薬と言うのは現在市販されていない為、お店で直接買えないようになっています。

だから急に必要になった場合でもすぐにお店まで行って買う事が出来る訳ではなく、まずは病院に行って処方してもらったりする事になります。

海外医薬品の個人輸入でも入手は出来ますが、これも国内で市販されている避妊薬を購入する事が出来る訳ではありません。

何故市販されていないかと言うと、そもそも避妊薬は正しく利用してこそ効果が発揮される薬だからです。

またホルモン剤なので、安易に利用してしまうと体に思っている以上の負担を掛けてしまいかねません。

副作用の点等もある為、安全に利用する為にも日本国内では病院に行って医師に処方してもらう形で入手する事になっています。

避妊薬を個人で買うなら

望まない妊娠をしないためにも避妊をすることは大切です、避妊をするときに有効な方法の1つが避妊薬を飲むことですが、処方箋がなければ簡単に購入することができません。

ドラッグストアなどでも店頭販売されていないので、購入するときは産婦人科で受診してから必要に応じて処方してもらうことが必要です。

必要な量しか処方してもらえないので、欲しいときは必ず受診をしてからになります。

もっと手軽に購入したいというときは、個人輸入がおすすめです。

個人輸入であれば処方箋は必要ありませんし、好きなときに欲しい量を購入できるので便利です。

個人輸入で購入するときは、国内で購入するよりも安い値段で買えることが多いというのも魅力です。

避妊薬を個人で買うなら

個人輸入の危険性として一番大きいのは、注文した商品が届かないことでしょう。

日本の宅配便や郵便は非常に優れているので、ほぼ確実に荷物が届きますが、海外では届かないこともよくあります。

次に多いのが、海外では合法でも、日本では違法となる商品の輸入です。

個人輸入に限らず、海外から商品を取り寄せるには、発送主が商品内容について添付書類を作る必要があります。

しかし、その商品の内容が不明な場合は、注文主に連絡が来ることが大半です。

接着剤やマニキュアなど、日用品であってもその内容が不審な場合、正当性を説明できなければ関税で没収されることもあります。

これは、医薬品の個人輸入でも一緒です。

一方、メリットですが、何と言っても為替差益と業者が介在しないことによる中間マージンの節約に他ならないでしょう。

いわゆる円高になると、海外の商品は安く買うことが可能です。

また、業者の取り分もないので、その分安く購入できます。

個人輸入をするメリット

日本ではまだ認可されていな薬でも、海外では簡単に購入する事が出来る場合があります。

個人輸入を利用すれば日本国内に居ながらにして海外の薬を入手する事が出来ます。

処方箋を必要としない為に産婦人科等の病院に行く時間を設ける必要もなく、さらに日本では沢山処方してもらう事が出来ない薬でも常備意訳として手元に置いておく事が出来る等が個人輸入のメリットです。

また実際に日本ではまだ先発医薬品しか認可されていない物も有りますが、海外ではジェネリックが認可されている所も有ります。

先発医薬品ではなくジェネリックを利用する事によって、薬価をかなり抑える事もできます。

つまり、医療費の節約に繋がると言うメリットも有ります。

勿論病院で処方してもらうと診察代、処方箋料、薬代が必要となりますが、個人輸入であれば薬代だけで済む為、薬の種類にもよりますが、病院で処方してもらうよりもはるかに安い値段で入手する事も出来ると言うメリットも感じられる方法です。

このページの先頭へ