不正出血とは?

不正出血は、月経周期以外の時期にある出血全てを指します。

産婦人科の受診理由の中でも、月経不順やおりもの異常と並んで多くなっており、年齢問わず悩みを抱えている女性が少なくない症状です。

出血量はおりものに軽く混ざる程度の場合や月経と同じくらい出る場合など、人によって異なりますが、不正出血を考える際に大切となるのは、出血しない時期に血が出ているかという一点のみです。

不正出血が起こる原因は、排卵やホルモンバランスの崩れ、性交渉など様々です。

問題ない場合もありますが、中には病気のサインとして出血している場合もあるため注意が必要です。

特に子宮癌は不正出血によって見つかることが非常に多くなっています。

病気の早期発見は、症状の進行を食い止めたり、早く治療を完治させたりする上で非常に重要です。

そのため、不正出血が起こったときは、体調に際立った変化がない場合でも、出来るだけ早く医療機関で受診することをおすすめします。

低用量ピルの服用中に不正出血が起きる理由

生理以外の時に出血する事を不正出血と呼びます。

実際には低用量ピルを利用していると、その利用期間に関係なく不正出血が起きてしまう可能性があります。

不正出血の原因はピルだけでなく日常生活や病気等が関係しているので、まずは何が原因かを明らかにします。

低用量ピルを利用した場合の不正出血が起きるタイミングの一つが、1シート目を飲んでいる時です。

この場合理由としては、本来の生理がピルによって止められてしまった為に、まだ経血が子宮内に残っている事と、エストロゲンの分泌が関係しています。

ただ1シート目の後の休薬期間に消退出血があれば、2シート目からは出血が無くなる場合が多くなっています。

低用量ピルは中用量・高容量に比べると子宮内膜維持作用が小さくなっています。

これは、薬の中に含まれているプロゲステロンとエストロゲンの量が関係しています。

低用量ピルは比較的副作用が少なく利用しやすいタイプのピルとなっていますが、エストロゲンの量が少ないため、プロゲステロンの子宮内膜維持作用を助ける事があまりできません。

その為どうしても他のピルに比べると不正出血が起きやすくなってしまいます。

ピルが適さない人ってどんな人?

ピルが適さない人としては、喫煙者を例として挙げる事が出来ます。

喫煙は肺に対してのリスクが取り上げられがちですが、実際には血栓症を起こすリスクも高まります。

ピルに含まれているエストロゲンは血液凝固作用がある為、喫煙している人がピルを利用するとより血栓症を起こしやすくなる可能性があるからです。

また高血圧の人もピルによってより血圧が上がってしまう可能性があるので利用に適していません。

勿論以前ピルを利用したことでアレルギーを起こした事がある人も利用できません。

また薬を服用した場合は肝臓でその成分を分解していますが、ピルを飲み続けると肝臓に負担がかかり過ぎてしまいます。

したがって、肝障害がある事が予め分かっている人は利用が適していません。

服用し続けたことによって肝臓の数字が高くなった場合もピルをやめるように指導されます。

妊婦の場合はピルの成分がもしかしたら胎児に影響を及ぼしてしまう可能性もあるので避けます。

また授乳中も母乳にその成分が移行してしまうので、妊娠・授乳中もピルの利用は出来ません。

ピル以外の避妊法

現在行われている避妊法はピル以外にもいくつも有ります。

その一つとして有名なのがコンドームを利用した方法で、副作用を気にする事無く安全に行う事が出来る方法として知られています。

実際に利用する場合は性行為の最初から利用する必要がありますが、避妊だけでなく性感染症の予防にも効果が期待出来る方法です。

またピルを併用する事も可能で、そうする事でより避妊効果を高める事もできます。

また女性の体内に避妊リングを挿入する方法も有ります。

基礎体温を測る事によって排卵の周期を知り、それを避妊に利用する方法も有ります。

この場合は朝起きる前にいつも同じ位の時間に基礎体温を測る必要がありますが、毎日計測する事によってグラフが出来れば、いつ排卵が起きているか等の生理周期を把握する事が出来るようになっています。

ただ女性の体はとてもデリケートなので、体温の乱れが起きてしまう事も有り、実際には基礎体温を測るだけでなくコンドーム等を併用して避妊を行います。

このページの先頭へ