癌リスク軽減

現在、癌という病気は非常に身近なものとなりました。

確率としては二人に一人の割合でかかると言われています。

そんな、誰でもなるかもしれない癌はどのようにすればリスクを軽減することが出来るのでしょうか。

まず、重要なのは煙草を吸わないことです。

癌になる原因の3割がたばこといわれています。

さらに、生活習慣を改善することもとても重要なとなってきます。

例えば、脂肪の多い食事は控えてください。

脂肪をとりすぎると大腸の粘膜が突然変異を起こして癌化する恐れがあるので注意が必要です。

また、塩分は胃の細胞を癌化させる可能性があるので控えましょう。

よく避妊のためにピルを飲むと癌になるという話を聞きますが、そういったデータはありませんので安心してください。

ただ、癌の人や癌になったことがある場合は悪化する可能性があるので注意が必要です。

癌リスク軽減のためにも日々の生活を見直しましょう。

生理痛緩和

避妊薬は生理痛緩和のためにも利用される事が多いです。

辛い生理痛が続くと日常生活を送るのも困難になってしまい精神的にも大きな不安が募ってしまいますが、そういう時におすすめになるのが副作用も少ない低用量の避妊薬となります。

排卵を抑制する事で月経をコントロールして生理痛緩和をするといったほぅうほになりますので痛みを和らげるのではなく痛みそのものを取り除く方法です。

生理痛緩和以外にも子宮内膜症の治療や月経不順の時にも利用される事が多く、その他にも生理前のイライラを抑えたり、肌症状にも良いと言われています。

将来妊娠を望んでいる場合は避妊薬の服用を中止すれば排卵は戻ってきますので、その点の心配しなくても大丈夫です。

ニキビ改善

思春期になるとニキビが出来るようになってきます。

大人になると減少する傾向にありますが、全くできなくなるといったことはあまりありません。

そのため、ニキビ改善のために自分に合った方法を見つける必要性があります。

代表的なのはきちんと洗顔すること。

そして化粧水などをつかってきちんと保湿すること。

更に同時に、無駄な脂分を取り除くために、薬を塗ることなどが挙げられますが、もう一つ方法があることを知っているでしょうか。

よく避妊のために使われているピルですが、実はニキビ治療にとても役に立つのです。

ニキビが出来る原因はホルモンバランスがおかしくなるところにあります。

男性ホルモンが極端に増えすぎるとニキビが出来ます。

ピルにはこの男性ホルモンを抑制する効果があるのです。

このページの先頭へ